ICT関連の学習備忘録

ICTの学習をアウトプットするワークブックサイト

ICT関連の学習備忘録

pythonとリバースプロキシの設定

取り急ぎPython環境を構築
開発者パッケージ
#yum -y install gcc openssl-devel bzip2-devel   libffi-devel

最新版の3.7はyumで入らないからダウンロードして持ってくる。
その前に、wgetが入ってなかったから先にwgetを。
#yum -y install wget
#wget https://www.python.org/ftp/python/3.7.1/Python-3.7.1.tgz
#tar xzf Python-3.7.1.tgz
#cd Python-3.7.1
#./configure --enable-optimizations
#make altinstall
#rm /usr/src/Python-3.7.1.tgz
#python3.7 -V
Python 3.7.1
完了

と、PythonのListenを5000番ポートにするわけだけど
URLにポート入れるとかナンセンス過ぎなので、
リバースプロキシを使います。


Nginxリバースプロキシの設定。

Python用に用意したサブドメインにアクセス来たら
VPS内の5000番ポートへ流す処理
server{
    server_name     python.workbook.tokyo;

    proxy_redirect off;
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
    proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
    proxy_set_header Host $http_host;

    location / {
        proxy_pass     http://localhost:5000;

って、感じでサブドメイン毎リバースプロキシ設定

ストリーミング音楽サーバー用(笑)
    server_name     music.workbook.tokyo;
  →     proxy_pass     http://localhost:4040;

ここの備忘録のあるサーバへの転送  
    server_name     www.workbook.tokyo;
    →     proxy_pass     http://workbook.tokyo:80;

VPS側のApacheへ転送
    server_name   *.workbook.tokyo;
    →     proxy_pass     http://localhost:8080;

ついでにDNSサーバ側の設定
a www 1xx.90.241.xxx
a * 133.18.204.xxx
a @ 133.18.204.xxx
a mail 1xx.90.241.xxx
mx mail 10 mail
a mail 1xx.90.241.xxx

メールとか使うか分からんけど。
というかサーバ構成どうしようか悩み中・・



ストリーミングサーバ入れる為に先行してJavaも入れた。
Java8 JDK
ランタイムパッケージ
yum install java-1.8.0-openjdk
開発環境
yum install java-1.8.0-openjdk-devel

確認
# java -version
openjdk version "1.8.0_222"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_222-b10)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.222-b10, mixed mode)

終わり。
   
前のページへ戻る