ICT関連の学習備忘録

ICTの学習をアウトプットするワークブックサイト

ICT関連の学習備忘録

2019/09/05:Java基礎(変数・キーボード入力)

変数の値を変更する

標準出力おさらい。
class Sample3
{
	public static void main(String[] args)
	{
		int num1, num2;
		
		num1 = 3;
		
		System.out.println("変数num1の値は"+num1+"です。");
		
		num2 = num1;
		
		System.out.println("変数num1の値を変数num2に代入しました。");
		System.out.println("変数num2の値は" + num2 + "です。");
	}
}

型の種類

javaの基本形式は
型名 名前 = 式
で成り立っており、型名にはクラス形と基本型がある。

クラス型(ユーザ定義型とも)
BufferdReader
String

プリミティブ型(基本型)
int
char
boolean
等。

基本型は クラス形の二つは今後良く出てくる・・・。

キーボードからの入力

import java.io*で機能をインポートして
IOEexception、
BufferedReader
InputStreamReader
を利用できるようにしている。
ワイルドカードを使用しない場合は個別にインポートする必要がある。

「throws IOException」は例外を捉える機能
InputStreamReaderでキーボードからの入力値を
(System.in)で標準入力(システムに入力)している。
import java.io.*;	//メソッドを使えるようにする。

class Sample4
{
	public static void main(String[] args) throws IOException
	{
		System.out.println("文字列を入力してください。");
        
        //brにキーボードからの入力値を代入する
		BufferedReader br =
		new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
    
        //br.readLine()でbrから1行を取り出し、strへ代入
		String str = br.readLine();
		
		System.out.println(str + "が入力されました。");
	}
}

数値を入力

int num = Integer.parseInt(str);
これは変数strをparseIntでint型に変換している。
※この変換する事を型変換、型キャストという。

parseIntメソッドはintegerクラスのメソッドで
このintegerクラスはラッパクラスと言う。が、詳しくは追々。。
import java.io.*;	//メソッドを使えるようにする。

class Sample5
{
	public static void main(String[] args) throws IOException
	{
		System.out.println("整数を入力してください。");
		
		BufferedReader br =
		new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
		
		String str = br.readLine();
		
		int num = Integer.parseInt(str);
		
		System.out.println(num + "が入力されました。");
	}
}
小数点を入力する場合には、
double num = Double.parseDouble(str);
とする事で、小数(double型)を入力することが出来る。
二行の入力待機
import java.io.*;

    class Sample6
    {
        public static void main(String[] args) throws IOException
        {
            System.out.println("整数を2つ入力してください。");
            
            BufferedReader br =
            new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
            
            String str1 = br.readLine();
            String str2 = br.readLine();
            
            int num1 = Integer.parseInt(str1);
            int num2 = Integer.parseInt(str2);
            /*
            int num1 = Integer.parseInt(br.readLine());
            int num2 = Integer.parseInt(br.readLine();
            と書いても同様。
            */
            System.out.println("最初に" + num1 + "が入力されました");
            System.out.println("次に" + num2 + "が入力されました。");
        }
    }

式(expression)と演算子(operator)

Javaの「式」の多くは、
演算子(operator)・・・演算するもの(+とか-とか=とか・・)
オペランド(operand)・・・演算の対象、演算されるもの
を組み合わせて作られている。

評価・・・演算子とオペランドの組み合わせを値とする。
import java.io.*;

    class Sample3
    {
        public static void main(String[] args) throws IOException
        {
            System.out.println("整数を2つ入力してください。");
            
            BufferedReader br =
            new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
            
                String str1 = br.readLine();
                String str2 = br.readLine();
                
                int num1 = Integer.parseInt(str1);
                int num2 = Integer.parseInt(str2);
                
                System.out.println("足し算の結果は" + (num1+num2) + "です。");
        }
    }



前のページへ戻る