ICT関連の学習備忘録

ICTの学習をアウトプットするワークブックサイト

ICT関連の学習備忘録

2019/09/04:Java基礎(リテラル・変数)

文字リテラル

リテラル(literal)とは一定の値を表す他面用いられる単語のようなもの。
javaでは下記のリテラルを区分して扱い、
・文字の並び(文字列リテラル):ダブルクォーテーション「""」で括る。
  ※" "で括っているものは全てStringで扱う。
・1つの文字(文字リテラル) :シングルクォーテーション「''」で括る。
  ※' 'で括っている一文字の記述でcharacterデ扱う。

エスケープシーケンス

文字の中には、キーボードから入力できない特殊な文字があり
、 子のような文字は¥を最初に付けた2つの文字の組み合わせで
「1文字」を表すことが出来ます。これをエスケープシーケンスと言う。
¥○○○とする事で8進数の文字コードを持つ文字を表示でき、
¥u○○○○とする事で16進数の文字コードを持つ文字を表示できる。
class Sample5
{
	public static void main(String[] args)
	{
		System.out.println("8進数101の文字は\101です。");
		System.out.println("16進数0061の文字は\u0061です。");
	}
}

#実行。
C:\YJSample\02>javac Sample5.java
C:\YJSample\02>java Sample5
8進数101の文字はAです。
16進数0061の文字はaです。

数値リテラル

''や""でくくらない数字から始まる記述
整数リテラル(integer literal)・・・1,3,100など
インテジャーリテラル。

浮動小数点リテラル(floating-point literal)・・・2.1,3.14,5.0など
整数リテラルの書き方 10  :10進数の10をあらわす
010  :0から始まる数値は8進数を表し、8進数の10→10進数にすると8
0x10 :0xから始まる数値は16進数表し、16進数の10→16進数にすると16
0xF  :16進数のFを表している。
class Sample6
{
	public static void main(String[] args)
	{
		System.out.println("10進数の10は" + 10 + "です。");
		System.out.println("8進数の10は" + 010 + "です。");
		System.out.println("16進数の10は" + 0x10 + "です。");
		System.out.println("16進数のFは" + 0xF + "です。");
	}
}

#実行。
C:\YJSample\02>javac Sample6.java
C:\YJSample\02>java Sample6
10進数の10は10です。
8進数の10は8です。
16進数の10は16です。
16進数のFは15です。

変数・識別子

変数とは、値を記憶させておく機能を変数(variable)呼ばれる。
コンピュータには、色々な値を記憶しておく為に、内部にメモリという
装置を持っており、「変数」はメモリを利用して値を記憶する仕組み。

識別子とは、変数の「名前」となる識別子。
コードの中で変数を扱うには、下記を決めなければならない。
1.変数に「名前」を付ける。
2.変数の「型」を指定する。
変数の名前として使える文字や数字の組み合わせ(トークン)を識別子(identifier)と呼ぶ。
識別しには、次のような規則がある。
・通常、英字・数字・アンダースコア(_);$などを用いる。
・あらかじめJavaが予約しているトークンである「予約語」を使用する事は出来ない。
・数字で始める事は出来ない。
・大文字と小文字は異なる物として区別される。
※基本的に、大文字開始の識別子はクラス名などに用いられる為
 小文字から開始し、接続詞で大文字を使用したりする。

型(data type

javaで良く使われる基本的な型 boolean ture又はfalse
char   2バイト文字(¥u000~¥uffff)
int   4バイト整数
long   8バイト整数
double  8バイト倍精度浮動小数点

変数の宣言(declaration)

変数の名前と型が決まったら、変数を用意すると言う作業を行うが
この作業を、「変数を宣言する(declaration)」という。
構文:変数の宣言
型名 識別子;
    
#int型の変数numを宣言
int num;
#char型の変数cを宣言
char c;
#double型の2つの変数dbとddを宣言する。
double db, dd;
最後のdouble型のようにカンマで区切り、一つの文の中で、
2つまとめて宣言をすることも出来る。

変数の利用(代入・出力)

変数に値を代入する。
変数を宣言すると、変数に特定の値を記憶させることが出来、この事を
値を代入する(assignment)と言う。
代入をするには「=(代入演算子)」を使って記述する。
構文:変数への代入
変数名 = 式;
※プログラムにおいては、式は値と等しいと考えて差し支えない。
変数の宣言と代入の例。
class Sample1
{
	public static void main(String[] args)
	{
		int num;		#変数numを宣言する。
		num = 3;		#変数numに数値3を代入する。
		System.out.println("変数numの値は"+num+"です。");	#変数numの値を出力。
	}
}

#実行。
C:\YJSample\03>java Sample1
変数numの値は3です。
練習。
class Sample_1
{
	public static void main(String[] args)
	{
		int num;
		num = 3;
		double dnum;
		dnum =3.14;
		char c;
		c = 'a';
		
		System.out.println("変数numの値は"+num+"です。");
		System.out.println("変数dnumの値は"+dnum+"です。");
		System.out.println("変数cの値は"+c+"です。");
	}
}
#実行。
C:\YJSample\03>java Sample_1
変数numの値は3です。
変数dnumの値は3.14です。
変数cの値はaです。



前のページへ戻る