ICT関連の学習備忘録

ICTの学習をアウトプットするワークブックサイト

ICT関連の学習備忘録

記事ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 

2019-08-12 : 記事毎の個別URL生成

記事への個別リンクを貼ろうとして気づいたんだけど、
カテゴリの方は(LinuxとかPHPとか)個別でURL持ってるっていうか
そもそもhtmlなりを手作業で作ってるからそのページへのリンクを渡せるが、
メインページの備忘録が記事単体でのURL無いことに気づいた(遅

トップページの記事数制限の時PHPで表示件数を5件で
GETリクエストからの変数でその5件括り事でのページ(URL)は生成してるとはいえ
それすらも記事数に応じてページと表示記事がズレていく変数だから
固定でのURLにはなってないっていうのもついでに気づいて

取り敢えずメイン記事に固定URLでアクセス出来るようにだけした。
(もちろんPHPで← つか、PHPじゃないとやり方ワカンネw

処理方法は5ページ括りの時とほぼ同じで、記事件数絞って表示より楽だった。

単体記事表示用の
book.htmlを作成してその中にPHPで
$_GETで指定記事へのIDを受け取るようにして
そのIDでDBからピンポイントで該当記事だけを表示する、だけ。

ついでにIFでGETリクエスト情報がない場合は(単純にbook.htmlへのアクセス)
全記事表示になるようにした。

ふと最後にリクエストされた記事が存在しない場合も必要かーってなって
もう一個分岐でid==nullとかしておけばすぐ出来るだろって思ったらところがどっこい。
何やら上手くいかない

if:ID有り
 →該当記事を表示
elseif:リクエスト情報無し
 →全件表示
else:
 →エラーページ

でやろうとしたのだがどうも、elseifの条件で
nullとかfalseとかしても何故かelseまでいかないから、仕方なく
変数(中身0)を用意して、ifとelseifの中で該当変数の数値を変更して
最後に別途条件分岐で
if 変数が0なら
 →エラーページ表示

って形にした。null、none辺りがどうも苦手です・・・。


取り敢えずこの個別URLで、記事検索とかでもリンクを持ってこれるようになったとです。
作れるとは思うけどきっと嵌まるから余裕ができたら記事検索フォームでも足そうかなと右に。

記事一覧(全件表示)
単体記事ページ
エラーページ

2019-08-11 : パンデクテン方式かよっていう。

pythonのページに備忘録をコツコツとまとめてるんだが。

・・纏めるとか言うと大分語弊があるw

実質はただのメモ。自分で振り返られる程度のなぐり書きみたいなもの。
要するにまとめられてはないww
がしかーし、自分で読み返せば何をしてたのかは分かる程度にはなってる。
自分の経過記録に近いからこれで分からん\(^o^)/
ってなったら本末転倒←

情報量と言うかメモの量が増えてきて思ったんだけど、
まとめるとか到底無理な話だよねっていう。

学習の流れ的には
基本文法→少し掘り下げてメソッドの扱い→他の処理との組み合わせ
って感じで「他の処理との組み合わせ」で「基本文法」が出てこないわけない。

そうするとこのメモがあっち行ったりこっち行ったりする訳で・・
今の所諦めて大まかなカテゴリ分けでページ分けして
そこに追記していくスタイルでやってるけど連動部分が出てくると
もうどうしようもないよね。

これを上手く纏めるには
Wikiスタイルか民法典のように纏めるしか無いと思う←時間的にも無理

PyQクエスト一覧
これをパンデクテン方式で纏めると
チュートリアル~Python初級 が総則
Python文法速習~実務でのPython が個別的規定
標準ライブラリー~他 がPythonが一般法だとすると特別法に当たる部分

って言うとてもズレた考え方で当てはめると
PyQのコース分けは上手く出来てるなぁと


・・・何の話だよっていう感じ←

PyQしかやってないから(ry

2019-08-10 : カードデザイン、久々のフォトショ。

PyQ進めろよって思うんだけど、
やっぱ楽しい方やりたくなるよね。

息抜きがてらにお絵かきをしようと思って
イラレ開いたんだけど、ペンツールすらまともに覚えてないので
諦めてフォトショでカード作った。

アルゴ用のカード。
割とそれっぽく出来た(笑)
とかそんな事してるともうWEBで動かしたくなってPHPやり始めちゃう。危険。

まぁ、そんな事言いつつPythonはしっかりやってます(๑•̀ㅁ•́๑)✧
5日で283/443問だから一日辺り55問ぐらいのペースだーねぇ。
あと2,3日で「未経験からのPython文法」コースは終了できるかな。



2019-08-09 : アルゴのプログラムは書けた

PyQぶっ続けでやってると疲れちゃうから
合間合間でアルゴのプログラム書きながらやってたら

一応出来はした。
結構な回数トライ・アンド・エラーを繰り返したとです・・・w

ただ、安定のコンソール上での動作だからまだ未完成とする←
これは流石にWEBアプリないしGUIで動かしたいから
その辺学んで出来そうな段階で実装を試みる。

ちなみに、Pythonで書いた。(故にコンソール上w
PHPだったらWEB上で動くように出来たけど、
今勉強してるのPythonだしなーって事で、取り敢えずは
Pythonで書いてみた。(何より書きやすい)

と、言いつつもWEB実装したい欲が我慢
できなくなってPHPで書き直すかも(ぇ


2019-08-08 : 連休はpython漬け予定。

明日から連休です。

ひたすらPyQやろうかと思ってたんだけど、
今日の帰り、乗り換えの駅で降りそこねて途中で気づいて(遅
元の乗換駅まで戻って(定期的に)帰りましたとさ。

で、倍まではいかないけど、結構な時間があったから
その帰り道にアルゴっていうカードゲームの
アルゴリズムを考えてみたんさ。
アルゴ‐頭のよくなる推理カードゲーム‐algo 公式ホームページ【トップ】

スマホのメモ帳で開始から途中、どんな処理しないといけないかなーとかを
メモして、帰宅した後まとめてみたんさ。プログラムの流れ。

相変わらずフローチャートのちゃんとした書き方わからないけど、
一先ず自分でみて分かるような感じで。

メモ帳から転写して図にしたのが下記の画像なわけだけど
実際に書く時はメモ帳見ながら書いたほうが楽そうっていうww
プログラム各流れでメモ記述してたから←

記事ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15