ICT関連の学習備忘録

ICTの学習をアウトプットするワークブックサイト

ICT関連の学習備忘録

記事ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 

2019-06-28 : これと言った進捗は無し・・・

独習PHPの本を黙々と読んで、サンプルコードを入力してみてってのをやった程度。
振り返りも兼ねての「for」、「while」、「do while」とループを抜け出す「break」、「continue」、「goto」
配列・連想配列の要素で繰り返し処理をする「foreach」、多岐分岐の「switch」
ループは個人的に「for」が使いやすいかなーと。現時点で使い分けするような場面を想定できないってのも関係してるけど…
ただ、目を通してるだけみたいなもんだけど、独習PHPは140ページまで見終わって次章から組み込み関数を”読み進めます”
※読むだけで、覚えるとは言ってない←

PHPやっててやってて思ったんだけど、構文がjavaと結構似てるなーと
まだjava何もやってないんだけど、書き方が似てるから何となくどんな処理をしてるのか、しようとしてるのか
がふんわりと分かる、気がする。(自分がphpで触れた命令文であればという前提条件が当然あるw)
そういう意味では、javaは今後自ずとやるので予習っていう意味ではPHPは大いに有りだと感じた。
と、php推しをしておいて別の視点での考えも同時に浮上してる。そうpythonを最初にやる利点について。
javaやphpとは構文が結構違うってのは少し触れて分かった。個人的に見やすいし分かりやすい。

どう違うのかどうして見やすいのかというと、間違いなくオフサイドルールの有無。要するにインデントが意味を成すか成さないか。
pythonでは字下げ(インデント)することでブロック管理をしていてjavaやphpのように()や{}を使い1行で無理やり書くことは出来ない。
インデントを正しく使わないとそもそも動作しなくなるから、そのルールに則って書く必要があり、自ずと読みやすいコードになる。
phpをやっててもpythonの構文と同じように改行、字下げをしてるから、動く動かないは関係なく見やすさへの配慮に繋がる。
そんなこんなで、javaに入る前に多言語を学ぶメリットとしては下記のようになる(個人的主観)
PHP:基本構文が非常に似ている為、java移行後も比較的すんなりとコードを扱える。
python:インデント処理が必須な為、読みやすいコードを書く癖が身に付く
・・・結果自分の学習方法間違ってない!みたいになってるww
けど、その2つしかやってないし他知らないし、やってるからには利点探すのは当然でしょっていう←

2019-06-27 : PHPの賃貸物件初期費用計算機が出来た!!

序盤で学ぶ関数で比較的簡単に出来るだろうと思って先日から取り掛かってPHPの計算機が完成しました!(仮)
賃貸物件初期費用計算機
想像以上にハマったとです。。。苦労したのはinputした数値ののデータ型、浮動小数点が特に思い通りに変換できないし
数字無視されちゃうしで・・・。もうね、小数点嫌いになりそうww
んでもう一個はカレンダーの数値(date、format、strtotime)でサーバーの時間使うとかなら楽だったんだけど、
”任意”の日付からその月の残りの日数出すのがとてもとても苦労した・・気づいたら1970/01/01になっちゃうしw
取り敢えずは、普通に計算結果出せるようになったから一旦終了。

学習が進んだらネットの物件情報URLから自動で計算させたり、結果画面の外部データ(エクセルとかpdfとか)出力
機能とかもつけたいなぁと。
使用したコードは、追々振り返りつつまとめようと思います。
paizaのPythonは、昨日の続きから「#05:引数と戻り値のあるメソッドを作ろう」、「#06:文字列とリストのメソッドを使ってみよう」、
「#07:アクセス制限を理解しよう」をやって「Python入門編8: クラスを理解しよう 」が終わりました。
そのまま「Python入門編9: さらにクラスを理解しよう」にはいり
「#01:さらにクラスについて学習しよう」、「#02:クラスを継承する」をやって今日は終了。
パイザサクサク進めるけど、身についてるのかは疑わしいwww
メソッドが入ってきたからここからはしっかり理解するつもりでやらないとついていけなくなる。

2019-06-26 : Pythonが楽しくなってきた、カモ

「Python入門編7: 関数を理解しよう(全7回)」
あっという間に終わってしまった・・・(笑)
一応キャプチャーリストとしては「#01:関数について学習しよう」、「#02:関数を作ろう」、「#03:引数と戻り値を追加しよう」、
「#04:スコープを理解しよう」、「#05:RPGの攻撃シーンを作ろう」、「#06:引数のデフォルト値」、「#07:キーワード引数を理解しよう」
をやりました。
と、そのままの勢いで「Python入門編8: クラスを理解しよう 」に突入して
「#01:クラスについて学習しよう 」、「#02:クラスを作成しよう」、「#03:変数をクラスで管理しよう」、「#04:RPGの敵クラスを作ろう」
まで突っ走った。
うおーー!PHPでハマってた浮動小数点演算クリア出来たー!
わかってしまえば簡単だった!!
「<?php $number=(int)$_POST['number'];」で変数にしても1未満の小数点切り捨てられたりで・・

色々模索した結果、POSTで受け取った「number」を一度「$number」にしてから整数に
型キャストするんだけどそもそも小数点含んでるから
「$number =(int)$number*10」で型キャストと10倍を(使用してるの少数第一位までだから)して
そのまま再び「$number」に代入で、諸々の途中計算が終わって10分の1に戻しても
小数点発生しない部分で「$number =$number/10」って流れでなんとかなった。

<?php $number=$_POST['number']; $number =(int)$number*10; $number = $number * $hogehoge / 10; ?>
で、一応エラー全部消えて誤動作無くなった。あってるかどうかは別として・・w

2019-06-25 : Python入門編6が終わったーヽ(´ー`)ノ

今日は、「#11:標準入力から2次元リスト」、「#12:2次元リストで画像を配置」の2つをやって
「Python入門編6:多次元リストを理解しよう(全 12 回) 」が終了した。テッテレー♪
昨日phpいじってて思ったことがあるんだ。今の環境(ここのWEBページ)は、自宅鯖にオリジナルがあって
そのダミーをレンタル鯖に置いてるんだけど、環境によって動く動かないがあるから
学習目的なら敢えて両方やるのは大いにありだなと。
例えば・・ていうか単純にサーバーサイドアプリケーションの設定とかバージョン、Apache自体の設定、ディレクトリ、ファイアウォール
自宅鯖だと自分で設定するから、自分で設定したから「動いてる」or「動かない」とか、アプリの設定は問題なく出来てても
ファイアウォールだのポートマッピングでコケてたりして、諸々の設定終わってレン鯖に上げたらまた動かなくなって
そもそも対応してなかったり別途設定(linuxコマンドとは違うやり方で)が必要だったり…
環境に合わせた設定が必要だから、確認用で自分目線(自鯖・自社)では動いてても本番(グローバルサイト・顧客)で動かないっていう
ケースもしっかり想定しないと行けないんやなー。想定推測するには他方の知識持っておかないとあかんのやなーと、感じました まる。

で、HTMLとCSSやってる時にこのサイトのヘッダーもPHPで別ファイル置いておきゃ引っ張って来れるやん
更新も1箇所更新で済むやん思ってやってみたら自鯖はOK、レン鯖がNG。
httpd.confは直接いじれないからFTPで「.htaccess」直編集直アップしてもダメだった。
html内のphpが動かないって時の対処法としては上記の両方共、「間違って無い」し、事実「.htaccess」を
指定された方法(WEBページログインしてWEB上での編集)したら問題なく使えるようになった。
何が言いたいかっていうと、使用してるサーバーやサービスに沿ったやり方じゃないとダメだったよっていう話。

書きながらふと思ったことを追記。スマホでWEBページ見てると、パケット抑える為に自動的に節約
してくれるんだけど、キャッシュが残ってて何回も更新したりしないといけないのね。
何度再読込しても一向に変わる気配がなかったのが「CSS」これが全然更新されない。
通常頻繁にスタイル変えるものでもないからなんだろうけど、いじって確認を繰り返してる側からすると厄介。
それで対策としてPHPを埋め込んだ。
「<link rel=(-中略-)" href="hoge/hoge.css? <?php echo date('Ymd-Hi'); ?>" />
これで1分毎のサイクルになるので、1分以上経過した状態で再読込すれば新しいのに切り替わる。




2019-06-24 : 眠すぎて途中でほぼ寝落ちした

paizaラーニングは、「#09:enumerateで2次元リストを操作する」「#10:2次元リストのマップに道を追加する 」
の2つをやった。for in の動きがイメージつくようになってきた←やっと・・・。

PHPの方はブログ作りたいんだけども、
記事の投稿の流れ的に↓こんな流れになるのよねー多分。推測。
1.formからのリクエスト情報を名前(name)をつけてinputする。
2.nameからinputしたリクエスト情報を取得してHTMLデータとして出力し内容の確認画面表示。
3.修正の有無で「戻る」or「確定」処理を行う(戻るを押した場合アップロードファイルを削除処理)
4.確定の場合は、データを出力・保存する。(csvやDBへの書き込み)
5.トップページへ日時が新しい順にDB等からデータを取得し、表示させる。
んで、今どこかというと3番w
というのも戻る場合に必要になってくるセッションがまだ分からんのと、
画像をアップロード(確認画面)した後、戻る場合の削除処理を入れないと行けないけどまだ分からん←
ほんで、確定の場合はデータの保存先が用意できてない。つまりデータベースやってないから進めんw
進めないから簡単なアプリっていうか計算機的なのを作って見ようかなと思って
HTMLと一緒に何やかんやいじくり回してる状況<PHP

そー言う感じなので少しPythonに逃げ腰な感じになっている。
丁度良いタイミングでイメージングが出来なかったfor inから進めたのもあったりで。

記事ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15