ICT関連の学習備忘録

ICTの学習をアウトプットするワークブックサイト

ICT関連の学習備忘録

記事ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 

2019-07-16 : バックアップ大事・・・OTL

備忘録のタグが収まったので次は、投稿フォームを作ろうかと。
その前にデータベースのコマンド復習とPODでの書き込み処理を
整理せなあかんと思って、データベースのコマンドピックアップしたら想像以上に
かさばる内容だった件・・・。データベース自体の基本操作ほとんどあるんじゃね?
って思うぐらい。
まだ講義入ってないけど、せっかくだからDBのページに貼った。
データベース・SQL訓練記録
まーいちいちググったり本開いたりしなくても、Ctrl+Fですぐ引き出せるのは楽。
復習も兼ねてやってたから相当時間とられた。

で、取り敢えず投稿用フォームを作って、整形は後からでいいから機能させる事を第一に考えて作る。要は雑←


はい、フォーム完成。
ついでにデータベースも完成
CREATE DATABASE データベース名 CHARACTER SET utf8;

ほんで内部処理で、ポストデータをPHP(PDO)に渡して、PDO経由でデータベースへ保存、と。

ここまでは完璧だった!!(力量の全力って意味で)
が、しかしこの後記事のだけじゃなくて削除と編集このままやるかと言う感じで先走った。
レコードの削除は問題なく、
prepare("DELETE FROM blog WHERE id= :id");

入力された記事IDをWHEREで条件付けしてピンポイントで削除できた。

事件は次の工程で起きた。
UPDATEコマンドでレコード内容の更新を試みたのだがその際WHERE(条件)を付け忘れ
whileでループ処理・・・・。
すなわち、更新がすべてのレコードに対して行われ、同じ内容での更新(上書き)をループ

データベースのバックアップもせずにそのまま次の工程入るからこういう事に。。。教訓になった←

ちなみに、UPDATE文での更新処理でWHEREが上手く動いてくれず、更新プログラムはまだ戦ってる最中なり。

データベースで変なループかけると全データがこうなるよってのを視覚的に言うと
僕の場合は↓こうなった。

2019-07-15 : ITの転職フェアに行ってきた

今日は勉強してません←

@typeの転職フェアに行ってきました。

想定より遥かに企業説明を受けてしまった・・疲れたw

いろんな企業で未経験で今学習中だけど何を勉強したら良い?どういう学習方法が良い?ってのを聞いてみた。

「何の言語が使えるかよりも、何かしらの言語を深く習得している方が良い。
何かしらの言語が使えれば他の習得はそれほどハードでは無く論理的思考が出来ると判断が出来る。」

「ポートフォリオや作品といった纏まった形あるもので無くても、
学習の中でどんな事をしたのか、どういう事をしようと試みているのかの途中経過でも
提示できるものがあると人事としては熱意が感じられ◎」

「学習の仕方として、一つの物を作ったら(簡単なものでも)そこに機能等を追加していくような学習、
どんな機能を付けたいか、こんな操作があると便利そう、等での拡張を試行する事で
ただ単に言語学習するより遥かに良いし業務的思考が付きやすくオススメ」

「Web系をやるならやはりPHPは抑えておいてほしいところ。アンドロイドを含めるとjavaも多い。
言語自体というよりはフレームワークを扱えるようになると良い」

と、こんなところですね。


学習記録の方は勉強してないからなにもないんだけど、
せっかくデータベースで簡易表現(展開されたら変わらないからソース見ても変化ないけど)出来たから、
こんなにコードが短くなったーっていうスクショw

ズラズラ書かれていた文字たちはデータベースに格納されています。



2019-07-14 : ITパスポート受かった。

5月に受けたITパスポートの合格証が届きました。

そんなことより、PHPとmariaDBの接続が出来ました!いえーい。
原因は・・・パスが通って無かった・・のか?
php5xが共存してた故という可能性とremiでインストールしてディレクトリが
ごちゃごちゃになっていたっぽい。書籍での説明が完全にWindows仕様で余計に混乱した点
動作してるphp.dにmysql関連のiniが一切なかった点。インストール出来てなかった←
結論としては、上記状態でソケット(sock)を上手く指定できていなかった。
相当にもがいて、最終的にはphp関連全て削除して、再度インストールし直した。

[root@localhost ~]# yum remove php-*


で一層。そして再構築。接続完了わーい。って感じ

で、せっかく接続できたからここの備忘録をデータベースに格納しようと
試行錯誤してました。
実際、日付とタイトルと本文ぐらいしか無いからテーブルはすぐ作れた。

INSERT INTO テーブル名(列名,...) VALUES(列値,...)


の、インサート命令での書き込みと、

delete from テーブル名 where [条件];


の、デリート命令しか使ってない。

まー、二昔前の日記サイトかよってぐらいシンプルでコードもbr以外手打ちだけど、
少しだけ記事が書きやすくなるかも。何よりindexのタグがスッキリする。
明日、手打ちでインサートしないと・・・手打ちで・・w

2019-07-12 : PHPのPDOでハマる…

講義でやったDNSとHostsは下記にザックリまとめた。
Linux・サーバー訓練記録
まとめたけど、実際自鯖と独自ドメインで運用してるから当然この辺は触れてる←
自宅鯖の場合LAN環境で動かすわけで毎度ローカルIPで作業するわけじゃあないので
hostsは状況に合わせて書き直す必要あるのと、バーチャルホストを使ってサブドメイン
運用をする際ローカルIPだけじゃアクセスすら出来なくなるかんねー。
DNSは独自ドメイン取ったらすぐ使えるほど都合良くもないので当然名前解決しないと
アクセス出来ず、自分のドメインとグローバルIPアドレスの紐づけは必須
サブドメインやメールアドレスを使用する場合もDNS設定を行わないと使えないので
WEB関連のアプリ作成をする場合には必須だと思われ。(自分で全部やるなら)

んで、データベースの方だが・・、mariaDBの環境構築OK、テーブル作成等OK!
ほいじゃいよいよPHPから繋いでみよう!接続確認→エラー!
という状態で結局データベースの学習が進んでいない件w
テキスト通りにいかない!困るー。説明通りの設定しても出来ないというか
そもそも、説明通りの項目がないっていうね。
PDO(PHP Data Objects)の設定が分からない\(^o^)/

こうなってる最大の原因は分かっている。
そもそもの環境が書籍と違うっていう点
書籍ではXAMPP環境にてserverを建てているのに対して当方はCentOS7にて建てている
自力で解決する訓練にはなって良いけど、学習進めないなう!って状態は辛いものがあるw

取り敢えず自力で情報収集してなんとか打開してみせる。
最悪DB関連書籍を買う←
ちなみにmariaDB(MySQL)への拘りを捨ててPostgreSQLで進めればPHPとの接続確立できてる
から出来ないことは無い・・・多分。コマンドの違いがどう出てくるのか不明だけど。

↓DNS設定のサンプル



2019-07-11 : バーチャルサーバにもMariaDB導入

昨日結局データベース環境構築で時間取られちゃったからその後大して
触れなかったとです。で、参考書眺めてるだけだとマジで覚えれないから
実際に操作せなしゃーないということで、講義の時間を使って
教室PCのVirtualBox CentOS7クローンに同様の環境作って黙々とやってた←

講義はサーバに入っていくけど、4分の1ぐらい耳傾けておけばついていけそうな
内容だからスキマ時間(本来は隙間ちゃうw)を上手く使ってPHPを8月中に
それなりのところまで持っていきたい。もっていく。

合同の会社説明会1ヶ月ぶりぐらいに行ったけど、このペースだとちょっと
物足りない気がしたから@typeの転職フェアいくだけ行ってみようと心変わりした。
自宅学習は予定があって、本日は何も出来てない。
講義のまとめはLinuxカテゴリ内に貼っていきます。
Linux・サーバー訓練記録

記事ページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15